資格取得で心理カウンセラーに~悩み多き人の大切なパートナー~

Study

実力を把握する

土地家屋調査士に合格するために

study

土地家屋調査士試験に合格するためにはどのような勉強が必要となるのでしょうか。まずは、自分の実力を把握することが重要です。過去問題集や模擬試験の問題集を手に入れましょう。そして、何も勉強していない段階で解いてみるのです。この段階では問題を解けないはずです。なぜならば、土地家屋調査士試験の勉強を何もしていないからです。今の実力を図るためには、勉強をしない段階でどれだけ溶けるかを把握することが重要なのです。もちろん、多くの人が全く問題を出ないはずです。しかしそれで良いのです。解けない段階でも問題を解くことで、どのような問題を解ければ合格できるのかを知ることができます。はじめに問題を解くときはそれで充分なのです。

勉強方法の選択について

土地家屋調査士試験を目指す方法は大きく分けて2つあるでしょう。1つ目の方法は独学で勉強をする方法です。独学で勉強すれば、費用は安く抑えることができます。例えば、テキストを購入する費用で勉強することができるのですから数万円程度で済ませることができます。この一方で、予備校に通うことによって土地家屋調査士試験の合格を目指す人もいます。予備校に通う事はお金がかかりますが、独学よりも効率的に学習することで知られています。また、自分で勉強スケジュールを立てるのが苦手な人は予備校に通うことをお勧めします。予備校に通うだけで勉強がはかどるので、予備校が提示するスケジュールにしたがって勉強するだけでよいのです。